研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

松本 洋平 

読み

MATSUMOTO,Yohei

役職

助教

TEL・FAX

E−mail

matumoto@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~matumoto/

所属部門

海事システム工学部門

担当科目

新カリキュラム
-情報処理基礎論
-電子回路工学

旧カリキュラム
-データベース
-プログラム技法
-情報処理基礎論
-情報リテラシー

キーワード

研究テーマ・活動内容

集積回路技術の海洋工学への応用(随時更新予定)

自己アピール

技術相談対応分野

集積回路設計技術、FPGA

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

松本 洋平 

読み

MATSUMOTO,Yohei

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

生年月日

学歴

1997.3 兵庫県立加古川東高校 卒業
1997.4-2001.3 岡山大学工学部情報工学科 卒業
2001.4-2003.3 岡山大学大学院自然科学研究科電子情報システム工学専攻 修了
2003.4-2005.9 岡山大学大学院自然科学研究科数理電子科学専攻 修了

経歴

2004.4-2005.9 中国能力開発大学校 非常勤講師
2005.10-2009.9 独立行政法人 産業技術総合研究所 特別研究員
2009.10- 東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科 助教 (現在に至る)

学位

博士(工学)

学位論文

FPGAの配線アーキテクチャに関する研究

所属学会と役職など

ACM Professional Member

社会活動

受賞歴等


氏名

松本 洋平 

読み

MATSUMOTO,Yohei

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

主要論文

[Journal(査読付き)]
松本洋平, "逆合成法を用いた航海画像の安定化," 日本航海学会論文誌, Vol.127, pp.205-214, 2012.

松本洋平,"航海画像における色情報を用いた海表面の識別," 日本航海学会論文誌, Vol.125, pp.73-82, 2011.

Y. Matsumoto, M. Hioki, T Kawanami, T. Tstsumi, T. Nakagawa, T. Sekigawa, H. Koike, “Suppression of Intrinsic Delay Variation in FPGAs using Multiple Configurations,” ACM Transactions on Reconfigurable Technology and Systems, Vol.1, No.1, pp.3.1-3.31, March 2008.

Takashi Kawanami, Masakazu Hioki, Yohei Matsumoto, Toshiyuki Tsutsumi, Tadashi Nakagawa, Toshihiro Sekigawa, Hanpei Koike, ”Optimization of the Body Bias Voltage Set (BBVS) for Flex Power FPGA,” IEICE Transactions, Vol.90-D, No.12, pp.1947-1955, 2007.

Y. Matsumoto and A. Masaki, “FPGAs with Multidimensional Switch Topology,” IEICE Transactions INF. & SYST, Vol. E88-D, No.4, pp.775-778, 2005.

Y. Matsumoto and A. Masaki, "Low Power FPGA Using Partially Low Swing Routing Architecture," Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)Volume 88, Issue 11, pp.11-19, MAY 2005.

松本 洋平,正木 亮,”FPGAの配線アーキテクチャの部分的な低電圧化による低消費電力化 “,電子情報通信学会論文誌A, Vol.J87-A,No.11,pp.1411-1418,2004.

Y. Matsumoto and A. Masaki, "Speed Improvement of FPGA by Mixing Multiple Gate Width Routing Switches," Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)Volume 88, Issue 7, pp.14-22, MAR 2005

松本 洋平,正木 亮,”複数ゲート幅の配線スイッチの混在によるFPGAの動作速度向上”,電子情報通信学会論文誌A , Vol.J87-A,No.8,pp.1102-1110,2004.

[Proceedings(フルペーパー査読付き)]
M. Hioki, T. Sekigawa, T. Nakagawa, H. Koike, Y. Matsumoto, T. Kawanami, T. Tsutsumi, "Fully-functional FPGA prototype with fine-grain programmable body biasing," Proc. ACM/SIGDA Intl. Symp. FPGA, pp.73-80, 2013.

Naoto Miyamoto, Yohei Matsumoto, Hanpei Koike, Tadayuki Matsumura, Kenichi Osada, Yaoko Nakagawa, and Tadahiro Ohmi, " Midwest Symp. on Circuit and Systems, pp.1-4, 2011.

Y. Matsumoto, M. Hioki, T Kawanami, T. Tstsumi, T. Nakagawa, T. Sekigawa, H. Koike, “Performance and yield enhancement of FPGAs with within-die variation using multiple configurations,” Proc. ACM/SIGDA Intl. Symp. FPGA, pp. 169-177, 2007.

Masakazu Hioki, Takashi Kawanami, Yohei Matsumoto, Toshiyuki Tsutsumi, Tadashi Nakagawa, Toshihiro Sekigawa, and Hanpei Koike, “Power Configurable Block Array Connected in Series as First Prototype Flex Power FPGA Chip,” Intl. Conf. Field Programmable Technology (ICFPT), pp.285-288, December 2007.

Takashi Kawanami, Masakazu Hioki, Yohei Matsumoto, Toshiyuki Tsutsumi, Tadashi Nakagawa, Toshihiro Sekigawa, and Hanpei Koike, “Optimal Set of Body Bias Voltages for An FPGA with Field-Programmable Vth Components,” Intl. Conf Field Programmable Technology (ICFPT), pp.329-332, December 2006.

[発表]
Naoto Miyamoto, Yohei Matsumoto, Hanpei Koike, Tadayuki Matsumura, Kenichi Osada, Yaoko Nakagawa, and Tadahiro Ohmi, “Development of a CAD tool for 3D-FPGAs,” IEEE Intl. 3D System Integration Conference, pp.1-6, 2010.

Y. Matsumoto, H. Koike, and A. Masaki"FPGAs with multidimensional mesh topology,” Proc. ACM/SIGDA Intl. Symp. FPGA, pp.223, 2006.

松本 洋平,日置 雅和,河並 崇,堤 利幸,中川 格,関川 敏弘,小池 汎平,“複数の回路構成情報を用いたチップ内ばらつきを有するFPGAの歩留り向上手法の提案”, 信学技報, vol.106,no.246,pp.29-34,2006.

河並 崇,日置 雅和,松本 洋平,堤 利幸,中川 格,関川 敏弘,小池 汎平,“Flex Power FPGAにおける最適ボディバイアス電圧値組み合わせの詳細な分析”, 信学技報, vol.106,no.49,pp.19-24,2006.

河並 崇,日置 雅和,松本 洋平,堤 利幸,中川 格,関川 敏弘,小池 汎平,“Flex Power FPGAにおけるしきい値制御用バイアス電圧値組み合わせの最適化について”, 信学技報, vol.105,no.514,pp.1-6,2005.

Hanpei Koike, Masakazu Hioki, Takashi Kawanami, Yohei Matsumoto, Toshiyuki Tsutsumi, Tadashi Nakagawa, and Toshihiro Sekigawa, “Future Device Expands FPGA into Another Dimension – a Flex Power FPGA Case,” Extended Abstracts of Intl. Symp. Advanced Reconfigurable Systems, pp.20-31, 2005.

松本 洋平,正木 亮,”“FPGAの配線アーキテクチャにおける部分的な低電圧化による低消費電力化”, FPGA/PLD Design Conferenceユーザ・プレゼンテーション論文集,pp.1-13,2004.

松本 洋平,正木 亮,”複数ゲート幅の配線スイッチの混在によるFPGAの動作速度向上”,信学技報,Vol. 106,no.683,pp.43-48,2003.

[特許(取得済み)]
Y.Matsumoto, A. Masaki, US 7,768,314 B2 Integrated Circuit with Multidimensional Switch Topology

松本洋平,正木亮,特許4576538 多次元のスイッチトポロジーを有する集積回路

松本洋平,小池汎平,特許4461242 再構成可能集積回路

松本洋平,小池汎平,特許4385136 集積回路設定システム及びその設定方法

松本洋平,小池汎平,特許4258671 集積回路及びその回路設定生成方法

Y. Matsumoto, H. Koike, US 7,886,250 B2 Reconfigurable Integrated Circuit

Y. Matsumoto, H. Koike, US 7,797,664 B2 System for Configuring an Integrated Circuit and Method Thereof

著書


氏名

松本 洋平 

読み

MATSUMOTO,Yohei

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。