バイオセンサの海洋水産分野への応用

研究者氏名遠藤 英明
所属東京海洋大学 海洋環境学科
出展属性第2回 東京海洋大学 水産海洋プラットフォーム・フォーラム 2010年2月15日(月)
第3回 東京海洋大学 水産海洋プラットフォーム・フォーラム 2011年2月10日(木)
問い合わせ先産学・地域連携推進機構の技術相談受付システムをご利用ください

近年,食の安全という観点から魚の供給源となる養殖分野においても,健全な魚の生産が推進されています.すなわち,安心・安全な魚を市場に送り出すという観点から,養殖魚の健康診断法の確立が最近になって注目されています.私達の研究室では,数年前より魚類の迅速簡便な健康診断を実現するために,魚類の血糖値等の血液成分をはじめ,魚病,産卵予測のモニタリングが可能なバイオセンサの開発研究に取り組んできました.ここでは,これら項目を迅速簡便に測定できる新しいバイオセンサ技術について紹介します.

バイオセンサの海洋水産分野への応用

バイオセンサの海洋水産分野への応用

Loading
月別