東京海洋大学 学術研究院 海洋生物資源学部門 研究者総覧データベース

東京海洋大学産学・地域連携推進機構の研究者総覧データベースは、産学連携・地域連携の機会創出を目的として構築されております。
以下は、東京海洋大学 学術研究院 海洋生物資源学部門 の研究者総覧です。 本データベースの入力は任意となっておりますので、大学HPの研究者情報もご活用ください。

海洋生物資源学部門

教授
  • 延東真
    ()
  • 濱崎活幸
    (栽培漁業、水産増殖、増殖生態、甲殻類、魚類、貝類、希少生物、種苗生産、種苗放流)
  • 廣野育生
    (魚介類免疫・生体防御、魚病学、ワクチン)
  • 胡夫祥
    (漁具設計,混獲回避,網位置制御,仔稚魚採集,流体力特性,模型実験,数値シミュレーション,魚群行動 )
  • 今田千秋
    (海洋微生物,生理活性物質,遺伝子組み換え,二次代謝,抗生物質, 群集組成解析,香粧品, 海洋深層水, 放線菌)
  • 北門利英
    (資源解析,資源管理,統計遺伝学,遺伝的データ,集団構造,生態系モデリング,資源量推定,ライントランセクト法,鯨類資源,尤度推測,ベイズモデル,信頼性システム,生存時間解析)
  • 近藤秀裕
    (魚介類免疫学・魚介類生理学・魚介類ゲノム科学)
  • 舞田正志
    ()
  • 坂本崇
    (遺伝子地図,連鎖地図,連鎖解析,QTL,DNAマーカー,マイクロサテライトマーカー,ゲノム解析,耐病性,水族ウイルス,)
  • 佐野元彦
    (水族感染症・微生物・ウイルス・病原性機構・疫学・診断法・防除技術・培養細胞・免疫・ワクチン)
  • 佐藤秀一
    (魚類栄養,養魚飼料,水産養殖,養殖環境)
  • ストルスマン・カルロス・アウグスト
    (繁殖生理,温暖化,性分化,性決定,温度依存型性決定,性制御,不妊化,配偶子,受精卵,凍結保存,アポトーシス,細胞移植,害種除去,育種,耳石,トウゴロウイワシ,ペヘレイ)
  • 田中栄次
    (水産資源学、資源管理学、資源解析学、統計学、生物資源、鯨類、鮪類、国際漁業、沿岸漁業)
  • 東海正
    (漁獲機構,選択漁具,混獲防除,トロール網,流し網,かご網,漁具選択性,システム分析,漁獲性能,採集具性能評価,資源量推定,ライントランセクト法,漂流ごみ,プラスチック海洋汚染,環境保全)
  • 吉崎悟朗
    (遺伝子導入魚,始原生殖細胞,精原細胞,キメラ魚,卵母細胞,卵成熟,凍結保存,借り腹)

  • 准教授
  • 秋山清二
    (漁業,魚群行動,水中映像,定置網,混獲,投棄,ゴーストフィッシング,選択性,気泡幕,魚群制御,アイゴ,クロアナゴ,ダイナンアナゴ)
  • 團重樹
    ()
  • 藤田大介
    (磯焼け,藻場,藻場回復,有用海藻,海藻相,テングサ,ウニ,アワビ,サザエ,ヒトデ,付着珪藻,海洋深層水,植食性魚類 )
  • 芳賀穣
    (種苗生産、健苗育成、骨格形成、仔稚魚、微粒子飼料)
  • 羽曽部正豪
    (魚類培養細胞,細胞工学,魚類ウイルス,魚類飼育実験系,魚類ウイルスワクチン 科学教育、生物教育、細胞実験キット、)
  • 稲田博史
    (漁業生産技術の一般化・適正化・アーカイブ, 漁業現場, エルゴノミクス, 漁具設計, 技術開発, 技術移転(TT;Technologinal Transfer),  伝統漁具・漁業技術, 漁船漁業, 旋曳網, いか釣り漁業, 旋網(まき網)漁業, 駆け廻し網漁業, 曳網漁業(離着底兼用曳網・中層曳網・表層曳網), 棒受け網漁業, 定置網漁業, 集魚灯, 水中集魚灯, ハロゲン集魚灯, メタルハライド集魚灯, LED集魚灯, 集魚灯応用技術, 水中分光測光, )
  • 片桐孝之
    ()
  • 小林武志
    (応用微生物、有用微生物、乳酸菌、発酵食品、プロバイオティクス、抗菌、メタン細菌)
  • 二羽恭介
    ()
  • 塩出大輔
    ()
  • 矢澤良輔
    ()
  • 横田賢史
    (水産資源学、集団遺伝、種苗放流、数理モデル、外来種、群集多様性)

  • 助教
  • 遠藤雅人
    (閉鎖生態系循環式養殖システム(CERAS)、環境制御、餌料生物、微小重力)
  • 二見邦彦
    ()
  • 岩田繁英
    (数理モデル、、資源評価、資源管理、数理生物学、統計学、生態系モデル)
  • 加藤豪司
    (魚病、ワクチン、免疫学)
  • 寺原猛
    ()
  • 山本洋嗣
    (繁殖生理学、環境ストレス、環境影響評価、フィールド調査)

  • 講師