プレスリリース 試験管内の細胞からニジマスが誕生

東京海洋大学の吉崎悟朗教授のグループは、ニジマスの精子のおおもとになる細胞(生殖幹細胞)を試験管内で大量増殖させる技術の開発に成功しました。将来的には、本技術を駆使して試験管の中で増殖させたクロマグロの生殖幹細胞と代理の親魚となる小型のサバの仲間さえいれば、生きたクロマグロを用いることなく、クロマグロの次世代を大量生産することも可能になると期待されます。これらの技術は養殖生産に貢献するのみならず、絶滅の危機に瀕している魚種の保全にも貢献することが期待されます。

詳細PDF: https://www.kaiyodai.ac.jp/topics/img/8d8beb4a4cde1f4167b01de07da19c79.pdf