第5回 水産海洋プラットフォーム・フォーラム「水産海洋プラットフォームの成果とこれから」(平成25年1月31日)

(国)東京海洋大学が推進する水産海洋プラットフォーム事業(文部科学省イノベーションシステム整備事業/大学等産学官連携自立化促進プログラム採択事業)で毎年開催し皆様からご好評をいただいている水産海洋プラットフォーム・フォーラムを開催いたしました。前述の採択事業の最終年度である今回は、水産海洋プラットフォーム事業の、これまでの歩みとこれからの事業の方向性について、事例を取り上げつつ皆様にご紹介いたしました。

ご多用中にもかかわらずご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

 

——————–

日時: 2013年1月31日(木) 13:00-17:30(受付開始12:00)

場所: 東京国際フォーラムD5ホール(東京都・有楽町)

参加定員: 120名

<<プログラム>>

  • 12:00 ~ 13:00 来場者受付 / ポスター展閲覧タイム
  • 13:00 ~ 13:10 開会挨拶
    東京海洋大学 学長 岡本信明
  • 13:10 ~ 13:30 来賓挨拶
    文部科学省
  • 13:30 ~ 14:15 水産海洋プラットフォームというのはなんであったのか
    東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 教授 中村 宏
  • 14:15 ~ 15:35 各事業の成果と課題
    東京海洋大学 産学・地域連携推進機構
    • 海の相談室-産・学へのワンストップ窓口- 
      URA 池田 吉用
    • 「食」による地域振興 
      URA 前田 敦子
    • 「エネルギー」による地域振興 
      知財・法務部門マネージャー 林 進一郎
    • 被災地とともに
      客員教授 山川 紘
  • 15:35 ~ 16:00 休憩 / ポスター展閲覧タイム -
  • 16:00 ~ 17:10 水産海洋プラットフォームのこれから
    東京海洋大学 産学・地域連携推進機構
    • 「食」:入り口から出口まで
      URA 前田 敦子
    • 「エネルギー」: 海洋エネルギーと地域協調に果たす役割への期待
      教授 中村 宏
    • ワンストップ窓口としての「産」「学」の連携
      URA 池田 吉用
  • 17:10 ~ 17:30 まとめと今後について(閉会挨拶)
    東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 機構長 和泉 充

同時開催: 全国大学等研究機関による水産・海洋系研究成果ポスター展 / 東日本大震災被災地における調査研究事例ポスター展

 

本フォーラムの開催報告は報告書のページからダウンロードできます。